捨てずに再利用!オシャレ紙袋

工夫すれば収納上手

ショッピングをするともらえる素敵な紙袋。なんだか捨てるのがもったいないですよね。いつか何かに使えそう、と思ってついつい紙袋をため込んでしまう方も多いのではないでしょうか?私も可愛い紙袋が大好きで捨てることが出来ずにいましたが、先日思い切って整理してみました。押し入れの奥やクローゼットなど色んな所に溜まっていた紙袋を一か所に集めてみると、なんと100枚以上ありました!中には埃をかぶってしまったり、色あせてしまっていて、とても使えないようなものまでありました。せっかく素敵なデザインの紙袋は使われることもなく、場所だけとっていたのでした。そこで私は紙袋の断捨離をしました!まずは大、中、小の大きさ別に紙袋を分別しました。その中でもお気に入りの紙袋を10枚ずつ選別。100枚以上あった紙袋を30枚に減らしました。続いて収納ですが、これも大きさ別の収納に変えました。収納については紙袋をそのまま活したり、100均のファイルボックスを使ったり色々な収納方法があると思いますが、通販やネットショップ等で紙袋専用の収納BOXも売っています。こういったグッズを活用すると紙袋を大きさ別にスッキリ収納が出来て、場所も1か所にまとめることが出来るのでオススメです。断捨離後は、各大きさのものが10枚以上にならないよう管理しながら上手く紙袋を活用できるようになりました。皆様も是非一度、家中の紙袋を集めて、整理してみて下さい!

リメイク紙袋が今話題!

ショップで買い物をしたときに商品を入れてくれる紙袋。お洒落なデザインも多く、いつか使うかもと捨てずに残している方も多いのではないでしょうか。ちょっとしたサブバッグとして利用したりもできますが、今紙袋をリメイクしておしゃれに使うのが話題になっているんです。中でも物の収納はとてもおしゃれにできるのでおすすめです。同じショップの紙袋があると統一感がでますよ。どのように紙袋を収納に使うのかというと、持ち手がついている部分を内側に折り込んでクローゼットの中でストールやバッグを収納できたり、冷蔵庫の野菜室に入れれば、野菜くずで野菜室を汚すこともなく、お掃除の手間を省くこともできます。野菜からの水分も吸い取ってくれるので、野菜室がぐじゅぐじゅになることも防げます。また収納だけではなく、紙袋の気に入っている部分だけを切り取ってオリジナルのブックカバーにすることもできますし、ティッシュカバーとして使うこともできます。紙袋を使ったリメイクのアイデアは無限大で、手先が器用なら部屋に飾るインテリアなんかもおしゃれに作ることだってできるんです。ただためておくだけで使い道のなかった紙袋が大活躍する紙袋リメイク、さっそく始めてみませんか。

■おすすめ参考サイト
ヤマゲン
創業59年、ネット販売16年の実績がございます。 参考品サンプル無料もご用意しております。 商店さん:個人の雑貨、アパレル関連の方歓迎です。 創業60年・ネット販売17年で500万点以上の実績があるヤマゲンで、オリジナルの紙袋、ビニール袋、紙箱などのやパッケージを作ってみませんか。 フリーダイヤルにて、親切丁寧に電話対応をいたします。ご不明な点はお気軽にお電話ください。

MENU

2017年07月06日
紙袋にまつわる面白エピソードを更新。
2017年07月06日
素材や利用目的も豊富な今時の紙袋を更新。
2017年07月06日
プレミアムな存在価値を更新。
2017年07月06日
「紙」だから出せる独特の味わいを更新。

HEADLINE

紙袋にまつわる面白エピソード

求む!手汗の人にやさしい紙袋! 買い物をしたら商品を入れてくれる紙袋、好きなんですけど「こんなところが良くなったら」っていつも思っています。それは、袋の方ではなく、紐の方。持ち手の紐素材も袋と同様、紙でできているものがたくさんあります。きっとコストも抑え、収納するにも便利な素材なのだと思います。制作者、販売者の方…

詳細はコチラ

素材や利用目的も豊富な今時の紙袋

多種多様な媒体で出ています 紙袋は今では様様な模様や材質で出来ているものが増えています。もちろん店などで使われるものから高級な贈り物などに使われるものまで幅広い分野に渡って使用されています。なかでもやはり注目されるべきは贈り物などに使われる紙袋です。一般的に紙袋は水や雨などで濡れてしまうとふやけてしまい破れやすく…

詳細はコチラ

プレミアムな存在価値

有名ブランドショップの袋が人気です 最近は以前に比べ紙袋に入れてくれるお店が減った様に感じます。そして洋服を買うと多くのショップはビニールの袋に入れてくれるお店が多くなったと感じる様になりました。そんな中、私の周りでは紙袋派が多く特に有名ブランドショップの紙袋はとても人気があります。そして私は有名ブランドの紙袋は…

詳細はコチラ

「紙」だから出せる独特の味わい

素敵な紙袋で感じる幸せ その昔、若かりし20代前半の頃はブランドの紙袋を持つことがステータスでした。お財布やキーケースなどを購入した際に貰える紙袋。自分用でもギフト用と伝えると予備の紙袋を貰えるので、それが欲しくて必ずギフト用と伝えていました。お弁当入れにしたり、メイク道具を入れてみたり。結婚式などに出席する際に…

詳細はコチラ